アロマテラピーの楽しみ方

最後まで捨てない!使用期限を過ぎて余った精油、香りが飛んでしまった精油の使い道

余ってしまった 精油の使い道
  • 使用期限が過ぎてしまった
  • 香りが変わってしまった
  • 使いづらくて余ってしまった

そのような精油でも、もったいないから捨てないで!

せっかくですから有効利用しましょう。

精油は植物から採れる貴重なエキス。そのまま捨てるのはもったいないです。

使用期限を過ぎて劣化した精油は肌には使わない

食べ物ではないので、使用期限を過ぎたらすぐに使えなくなるというわけではありません。

ハーブ系や樹木系の精油などは比較的長期間保存が可能です。

でも柑橘系はすぐに香りが変化してしまう。

開封してから、

  • 柑橘系は半年
  • その他は1年

と言われていますが、柑橘系は保管状態によってはもっと早く劣化します。

嗅いでみて「香りが変わったな」と思ったら、さよならする時ですね。

残念ですが、アロマテラピーとしての使い方には向かなくなってしまったということで、他のことに使いましょう。

ちなみに、未開封では、

  • 柑橘系は1年
  • その他は2〜3年

と言われていますが、これも保管状態によります。

柑橘系などは未開封でも蒸発してしまうことがあるので注意してください。

使用期限を過ぎた精油の使い道

期限を過ぎたり、香りが変わってしまった精油は、肌には使わないほうがいいですよというだけで、その香りが嫌いでなければ別に今まで通り使っても構いません。

また、芳香浴にも適してないと思ったら、違うことに使いましょう。

キッチンのお掃除に使おう

私はキッチンのクレンザーとして使っています。

柑橘系の精油はコンロやシンクの拭き掃除に、他の精油はスプレーを作ったりしています。

拭き掃除は、重曹に精油を垂らして混ぜ、それをコンロに振りかけてこするんです。キッチンのシンクにも使えます。

スポンジでこすったら、最後に拭き取ればOK。

柑橘系の精油は油汚れに強いので、キッチンのお掃除にはもってこいです。

拭き掃除に便利なアロマスプレー

スプレーボトルに重曹を少々入れてから精油を入れて、そこに水を加えてアロマスプレーを作ります。

拭き掃除に使えるスプレーの出来上がり。

重曹スプレーは、水100mlに重曹小さじ1くらいです。

ゴミ箱の匂い消し

ゴミ箱の匂いが気になるときは、ティッシュに数滴垂らして入れておきましょう。

フレッシュな、買ったばかりの精油をゴミ箱に使うのはもったいない気がしますが、期限が切れてしまった精油なら使いやすいですよね。

下駄箱やトイレの芳香剤として

香りが変わったとはいっても、嗅げないような変な匂いになってしまうわけではないので、「芳香剤」としてなら十分使えます。

トイレとか玄関に、いい精油を使うのはちょっともったいない気がしますが、かなり時間が経ってしまった精油なら惜しげもなく使えるでしょう。

管理人
管理人
ガラスのおしゃれな容器を用意します。どうせなら見た目が可愛いほうがいいから。

そこに重曹を入れます。大さじ2〜3くらいでいいです。

重曹に精油を数滴垂らして、置いておくだけ。

トイレの場合は、毎日重曹を便器に振りかけて掃除してしまえばいいし、玄関の場合は玄関に撒いて掃き掃除してしまえばいいです。

で、また新しい重曹を入れて精油をたす。

そんな感じで使い切ってみてください。

浴室の隅にたらす

アロマバスソルトととしてではなく、浴室の隅に垂らして使うと、シャワーを浴びるときに香りを楽しめます。

どうしても使い切れなかった時は

色々頑張ったけど使い切れなかった、いいと思って買った香りなんだけどイマイチ気に入らなくなってしまった。

どうしても使い切れなかったという時には、そのままキッチンや洗面所で流してはいけません。

精油は水に溶けないからです。

新聞紙や雑巾に染み込ませて、ビニール袋に包んで燃えるゴミとして捨てましょう。

香りが飛んでしまった精油の使い道まとめ

  • 使用期限は目安。香りが変わったなと思ったら違う使い道を。
  • 掃除とか芳香剤として使ってみよう。

せっかくですから、最後まで使い切ってくださいね!