心の症状

仕事がだるい時の対処法と元気になるために使いたいアロマ

仕事 だるい

仕事がだるいと感じることは、誰でもあると思います。

  • 月曜日の朝は憂鬱だ。
  • 水曜日、まだ週の真ん中だ。
  • あー、仕事が溜まっている。
  • 毎日、仕事がつまらない。

こんな風に感じていませんか?

そんなときはどうすればいいのか、簡単な対処法と、元気になるために使って欲しいアロマについてお話しします。

月曜日の朝が憂鬱なときは

仕事 だるい ラベンダー

週の始まりが憂鬱だという人は多いと思います。私も、以前はそうでした。

月曜日が辛いのは、

  • 早起きしなくてはならないこと
  • これから長い1週間が始まると思うと憂鬱になること

これが原因だと思うんです。

土日を楽しく過ごした時ほど、月曜日が嫌だと感じるかもしれません。

これを解消するには、月曜日に早起きしても辛くない工夫が必要です。

早起きが辛くないようにするには、ぐっする寝ること。

でも、大人になると、そうそう早く眠れません。

管理人
管理人
ですから、「もう疲れてぐったり」と感じるくらい、日曜日をアクティブに過ごすのです。

そうすると、嫌でも早寝ができるので、ぐっすり眠って、月曜日の朝はスッキリ目が覚めます。

疲れが残っていないと感じれば、月曜の朝を少しでも気持ちよく過ごせます。

日曜の夜に使いたいラベンダーとオレンジスイート

ぐっすり眠るのに使いたいアロマブレンド、定番ですが、ラベンダーとオレンジスイートがおすすめです。

ラベンダーは、産地によって微妙に香りが違うのですが、寝る時にはやや落ち着いたフランス産が良いかと思います。

ティッシュにラベンダーを2滴、オレンジスイートを2滴垂らして、枕元においてください。

1週間が長いと感じるときは

フェンネルSchwoaze / Pixabay

まだ水曜日か…と、週の半ばで仕事がだるいと感じてしまうのは、体力と気力が落ちているからでしょう。

疲れが溜まっていることはまだ自覚できていないのですが、体は正直。

ああ、だるいなと感じてしまうのです。

仕事が面白くて仕方ない!という状況なら、多少の疲れも吹き飛ばせるのですが、気力が落ちてるとそれはカバーできない。

こんなときは、しっかり眠って体力を回復させるとともに、気力を充実させることが重要です。

今日は仕事の帰りにおいしいつまみでも買って、家でゆっくり飲もうかとか。

早く帰ってゆっくり本でも読もうか、とか。

何か好きなことをして、気力を充実させましょう。

気力を回復させるためのフェンネル

さて、気持ちを立て直すのに使って欲しいアロマは、フェンネル。

ハーブ調の、少し甘みも感じる香りですが、ほんのりスパイシーさも感じます。

フェンネルは心に元気をくれる香り。

寝る前のリラックスタイムに、芳香浴を楽しんでみてください。

アロマランプやディフューザーがあればいいですが、なくても大丈夫。

ティッシュに数滴垂らして、嗅いでみてください。

仕事が溜まっていて仕事に行くのが嫌なときは

頑張っても頑張っても仕事が終わらない。

先の見えないことは人を不安にさせますし、いつになったら終わるのかわからないと絶望感に苛まれることも。

こんな時には、まず全体の仕事の棚卸をしてみてください。

  • 本当に今やるべきことは何か
  • 人に触れることはないか
  • そもそも、この仕事量って無理があるんじゃない?

ということが見えてくると思います。

上司に言っても仕事量を減らしてもらえないという人もいると思うのですが、それなら話せる同僚はいませんか?

今のままでは辛い状況を変えられないので、どうすれば仕事を減らせるのか、効率的にできるのか、何か考えたいところです。

この仕事、本当に必要なのか?と疑ってみることは必要だと思います。

意外と、昔からやっているからという理由でルーチンワークのようになっている仕事が多いのですが、無くしてみたらどうってことなかったということ、結構あるんですよ。

ネロリの幸せな香りで現実逃避

日中頑張っているのですから、家に帰ってきたときくらい現実逃避をしても良いと思います。

管理人
管理人
そこで、幸福感を感じるブレンドをおすすめします!

それは、ネロリとオレンジスイート。

心が疲れているときは、本当におすすめですよ。

ネロリはビターオレンジの花からとれる高価な精油ですが、それだけの価値があると思います。

みかんの花の香りを嗅いだことのある方なら、わかると思います。

ネロリだけでも十分良い香りなのですが、そこにオレンジスイートを加えると、なんともいえない幸せな香りになりますので、ぜひお試しあれ!

ネロリ1滴、オレンジスイート2滴でブレンドしてみてください。

今の仕事がつまらないと感じるときは

ああ、今の仕事がつまらなすぎる。だからだるくて行きたくない。

そんなときは、2つ方法があります。

1つは、目の前の仕事に全力投球してみること。

つまらないと感じていても、もしその仕事であなたが一番になっていないなら、まだ頑張る余地があるということです。

もっと全力を出し切ってみてください。

頑張った先に見えるのは、また違った景色かもしれません。

もう1つは、転職を考えることです。

もともとやりたかった仕事じゃないと、心のどこかで感じていたり、仕事が単調すぎてつまらないという場合は、じゃあ本当にやりたいことってなんなの?と自分と対話してみてください。

それで、本当にやりたいことが他にあるのなら、その仕事に就けるようにチャレンジしてみてもいいと思います。

日本は、年齢が上がるほど転職が難しくなりますが、できないわけじゃありません。

いきなり転職目指して辞めなくても、例えば趣味を副業にして楽しむという方法もありますし、いつか独立するために今から勉強を始めるというのでもいいと思います。

管理人
管理人
とにかく、行動しないと始まらないので、全力を注げる何かを探してみてください。

自信をもたらしてくれるローズマリー

新しいことをするときには、根拠のない自信が必要だと思います。

できるんだって思って始めないことには、できるものもできなくなってしまうので。

そんなときに使って欲しいのがローズマリー。

スッキリしたクリアな香りは、頭脳を明晰にしてくれます。

考え事をするときにはぴったりのアロマです。

ローズマリーにはいくつか種類がありますが、物事を考えるときにはローズマリー・カンファーか、ローズマリー・シネオール、香りは好みで選んでください。

疲れが溜まっていると正常な判断ができない!

だるいなあ、だるいなあと思って仕事に行っていても、きっといい仕事はできません。

仕事がだるいと感じる理由は様々ですが、なぜだるいと感じるのか、自分と対話をするいい機会です。

そして何よりも、疲れを取ることが大事です。

体と心、両方が元気で、初めて良い判断ができます。

仕事を効率化するにも、これからの人生を考えるにも、正常な判断をするには元気になることが大切なので、アロマを使ってぐっすり眠り、ときには仕事中に頭をクリアにするために使い、元気を取り戻してください。